鶏皮の部位はどこ?栄養成分とカロリーは健康上の効果効能はある?

居酒屋さんや焼き鳥屋さんでの串焼きもので定番人気メニューに皮串があります。タレ焼きでも良し、塩焼きでも良しで、こんがり焼きあがった皮串のパリパリ感は、ビールのおつまみとの相性もマッチして美味しいですね。そんな鶏の皮ですが、栄養面からはどうでしょうか。そこで今回は、鶏の皮の栄養成分やカロリー、健康上の効果効能について紹介します。

鶏皮は、鶏肉のそれぞれの部位の中でも特に栄養がすごいと言われています。それでは実際はどうなんでしょうか。鶏皮に含まれている健康上良いといわれている栄養成分とは何でしょうか?

鶏皮を上手に活用すれば健康上良いようなので、まずは鶏皮の栄養成分と健康増進につながる料理活用方法についてまとめてみます。特に、鶏皮に含まれる栄養成分とその効能、また栄養成分の効能が発揮されるおすすめの食べ方まで紹介します。

鶏皮の独特の食感はクセになるせいか、居酒屋さんや焼き鳥屋さんなどでも特に鶏皮関係のメニューをメインにオーダーするという人もいると思います。

そんな鶏皮は、鶏肉の中でも栄養成分が豊富な部位だといわれていますが、それでは鶏皮には具体的にどのような栄養成分が含まれていて、鶏皮を食べることで健康上どのような効能があるのでしょうか。

鶏皮の部位はどこ?

鶏肉といっても、実にさまざまな部位があり、居酒屋さんや焼き鳥屋さんでもオーダーする際に、それぞれの部位の味や食感の違いを食べ比べるという楽しみ方もあります。

また、鶏肉の中でも鶏肉通の人によっては、もつ(内臓部分)を好む人も多いようですが、カロリーをおさえるために「ささみ」などを積極的にオーダーする人もいます。スーパーなどでは、鶏の太もも部分の「もも肉」やクセの少ない淡白な「むね肉」などが多く出回っています。

さて鶏皮ですが、スーパーなどで多く出回っている「もも肉」や「むね肉」などの表面についている皮の部分であり、独特なプルプルの食感が特徴的となっています。

鶏皮のも栄養成分は他の部位よりも豊富?

もも肉やむね肉の中でも身の部分とは栄養成分も異なっていて、鶏皮は特にコラーゲンなどが豊富な部位だとされています。他には、ナイアシン、不飽和脂肪酸、アンセリン、カルノシンなどもふくまれています。このことは、鶏皮はさまざまな料理にアレンジできるメリットもあるというわけです。

鶏皮は焼き鳥の定番の部位となっているだけでなく、唐揚げや鶏皮餃子、鶏皮ポン酢などお酒との相性抜群なさまざまなおつまみになってくれる貴重な存在でもあります。そんな鶏皮は食べやすくて美味しいと人気メニューでもありますが、カロリー的には100gあたり約500kcalともいわれていて、鶏肉の他の部位に比べるとかなり高カロリーといえます。

実際に鶏肉の部位の中でも特に低カロリーだといわれている「ささみ」の場合、100gあたり100kcal強ほどのカロリーです。「ささみ」のカロリーに比べると鶏皮はかな高カロリーといえます。

しかし、上手に利用すればカロリーを気にせずにダイエットに役立つともいわれています。そして、さまざまな栄養成分が豊富な部位でもありますので、病気予防や美肌、ダイエットなど健康に良いメリットの期待がもてます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする