ひねどりとはどんな鶏?意味は?味や食感は?ひねどりの食べ方の料理レシピは?

普段の食卓でお目にかかる鶏肉料理は、近所のスーパーで売られている若鶏(ブロイラー)がほとんどです。たまに、地鶏が売られていますが、価格が若鶏(ブロイラー)より高いです。手間暇かけて飼育して市場に出すわけですから当然といえば当然です。食感を比べると、若鶏(ブロイラー)は柔らかく、地鶏は身が引き締まっているという感じでしょうか。それでは、噛み応えのある鶏肉ってご存知でしょうか。そこで今回は、噛み応えのある鶏肉ということで、「ひねどり」について、どんな鶏でどんな意味があるのか?味や食感はどうなのか?ひねどりの料理レシピについて紹介します。

ひねどりとはどんな鶏?ひねの意味は?

ひねどりとは、ほぼ廃鶏に近い生後500日ほどの種鶏のもも肉のことをいいます。一般によく食べられている若鶏(ブロイラー)は、生後60日前後で市場へ出荷が普通なので、その8倍以上の長生きした鶏ということになります。

それでは、「ひねどり」について説明を加えます。「ひねどり」の「ひね」とは、「古い」ということを意味します。

例えていえば、卵を産み尽くした頃のメス鶏かなという感じです。「親鶏」「廃鶏」などとも呼ばれ、「ヒネ鶏」として出荷されます。というわけで、身に噛み応えがあり、噛めば噛むほど旨味が出てくるというわけです。つまり、卵を産まなくなったので、その栄養成分がすべて身に行き渡っているというわけです。

ひねどりの味や食感は?

ひねどりの肉質は、噛み応えがあって、あごがくたびれるほどで、3本食べたら消化不良が心配になるほど硬くいです。

といっても噛み切れないほどではなく、噛むうちに鶏本来の味が出てきて、塩味としっくりからまり合うこの奥深さこそが、昔ながらの鶏肉の持ち味といわれています。ちなみに、ひねどりの皮は、ゴムみたいでとても食べられないようです。

ひねどりの料理レシピは?

【ひねどりのかしわ飯】

◆材料

・ひねどり:170g

・ごぼう:130g

・にんじん:40g

・こんにゃく:1/3枚

・干ししいたけ:3枚

・ごはん:3合

◆調味料材料

・しょうゆ:大さじ2

・白だし:大さじ3

・酒:大さじ3

・みりん:大さじ3

・砂糖:小さじ1/2

・塩:ひとつまみ

・こんぶ:5cm

◆作り方

1.肉は細かく切って酒と白だしまぶします。

2.ごぼうはささがきにし少量の酢を加えた水にさらしアクを取って水分切っておき、にんじんは繊維に沿って小さめに短冊切りにします。

3.こんにゃくは塩で揉んで洗い一度ゆで、小さく切り干ししいたけは戻し柔らかめに絞り切ります。

4.フライパンは、油は敷かずこんにゃくと肉を入れ中火で肉にしっかり火が入るまで炒め、砂糖とみりんを加えて軽く煮詰めます。

5.残りの調味料を加え、すぐさま残りの具材を入れ汁気が全部絡むまで炒めます。

6.米をといで水を張り、昆布をいれ具も投入し、塩を入れ30分程置いてから炊いていきます。

7.炊き上がったら5分程蒸らし完成です。

【ひねどりポン酢】

◆材料

・ひねどり:2枚

・塩こしょう:少々

・青ねぎ小口切り:1/2カップ

・すりごま:小さじ2

・ポン酢:1/4カップ

・ガーリックチップ:大さじ1

・すりしょうが:小さじ2

◆作り方

1.ひねどりは繊維を切る様に5ミリほど身に切れ目を入れていき薄めにスライスします。

2.フライパンにオイルを少しひき肉を並べ、下面が焼けたらひっくり返し両面焼けたら塩こしょうし取り出します。

3.お皿に盛りつけねぎ・すりごまをかけて、あとはお好みでにんにくチップを散らしポン酢・すりしょうがなどをつけて完成です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする